看護師転職の超便利な活用法

看護師転職は、転職先の離職率をチェック

看護師の転職の理由として

看護師の転職の理由として、「今の職場環境が悪い」ということがよく挙げられます。
人数が少なくていつも残業になる、とか、職場の人間関係が悪い、とか……ね。
私も経験あります。

同僚の悪口ばっかり言う派閥があったりするとキツイんですよね〜。
その派閥に入ってもしんどいし、入らなくて悪口言われる側になるのもつらいので。

 

さて、そのような環境から抜け出したくて転職したのに、
次の職場の環境もまた悪かったりしたらイヤですよね。何のために転職したのかわかりません。

 

でも、残業が多いというのも職場の人間関係も、求人情報だけではわかりません。
どこだって「残業なし」は謳っても、「残業は多いです」は掲げませんからね。
人間関係も、実際にそこで働いてみて初めて分かるということも多いでしょう。

 

それでは、残業状況や人間関係などはどのように調べればよいでしょうか。

 

方法のひとつ目は、看護師転職サイトのコンサルタントさんに相談してみることです。
コンサルタントさんは様々な医療機関に出入りしていますから、裏事情ともいえる残業や人間関係についてよく知っています。

 

それからもうひとつは、「離職率」に注目することです。
離職率とは辞める人の割合。離職率が高いところは人が辞めやすい職場ですので、あまり良い環境では無いのかもしれませんね。
是非参考にしてみて下さい。

ホーム RSS購読 サイトマップ